ファスティング

【初耳】ファスティングの効果はノーベル賞で証明されていた!オートファジーとそのほかのファスティング効果

みなさんこんにちは。

みなさんはダイエットやデトックスのためにファスティングをしようと思ったことはありますか?

「ファスティングって食べないんでしょ?食べたら元通りじゃん」とか

「本当にデトックスになるかは見えないからよくわからないね」

と思っている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

この記事は、ファスティングが健康的に素晴らしいということが、ノーベル賞で証明されていた!!といことについてご説明していきたいと思います。

 

食べないで空腹でいるとが身体の中で勝手に良い作用が始まる、ということです。

オートファジーという細胞内リサイクル効果です。

ファスティングの効果・オートファジーについて詳しくご説明します。

 

また、他にもファスティング効果は良いことがいっぱいです。

食生活の改善・腸内環境の改善・全身の臓器の機能改善・心身の若返り・ダイエットなどについてもご説明します。

この記事はこんな方にオススメ

  • ファスティングの効果を具体的に知りたい人

見て行きましょう。

ノーベル賞で証明されたファスティング!

まずご説明しなければいけないのが「オートファジー」です。

オートファジーとは?

オートファジー(autophagy)とはギリシャ語で、オート(自分)ファジー(食べる)と言う意味、自食作用と訳されます。

自分を食べて自分を作る作用。

自ら、細胞内で古くなったり壊れたりしたタンパク質を分解し、また新たなタンパク質を作る作用です。

 

驚くべきことに、食事で摂りきれないタンパク質も、オートファジーで再生産されるタンパク質が補うのだそうです。

つまり、オートファジーとは、細胞内のタンパク質のゴミを浄化し、きれいにしてくれ、さらに新しいタンパク質も自ら作る最強のアンチエイジング作用です。

骨や筋肉もきれいに強くし、持久力・免疫力・自己治癒力も上がるそうです。

 

人間の身体が飢餓状態になっても、しばらくの間死に至らないのはこの仕組みのお陰です。

ノーベル賞受賞!

東京工業大学の大隅良典名誉教授が、「使えなくなったたんぱく質を、体内の自分の力でリサイクルして再び使えるようにする」という、この素晴らしいオートファジーについて分子レベルで仕組みを解明し、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞されました!

 

では、そのオートファジーはいつ行われるか・・・。

実は、空腹時なのです!

空腹時に効果発揮、オートファジー!

オートファジーは空腹時に行われます。

つまり、ファスティングをしている空腹時に行われているのです

 

ファスティングによる空腹こそが、身体の中を掃除し、きれいにし、免疫力もあげるアンチエイジングに最適な状態なのです!

 

食後の時間を追って様子をご説明します。

食後10時間

血糖値が安定した、下がった状態です。

肝臓に蓄えられていた糖がなくなって、今まで脂肪を溜め込む状態でしたが、脂肪を分解・燃焼するようになります

 

脂肪が分解されると、蓄積されていた有害物質が遊離して、肝臓や腎臓を経由して体外へ排出されます。(解毒・デトックス効果

ここで食べてしまうと血糖値が上がり、脂肪を溜め込む状態に戻ります。

食後13時間

成長ホルモン(アンチエイジングのホルモン)の分泌が活発になってきます。

また、筋肉が付きやすくなってきます。

ボディビルダーの方たちは、筋肉を鍛えた後にファスティングをして筋肉を育てています。

食後16時間

オートファジーが始まります

古い細胞を取り込んで、新しい細胞を作り始めます。

細胞は主にたんぱく質でできていて、日々の生命活動の中で古くなったり壊れた細胞(身体の不調や病気の原因)や老廃物が溜まっていきます。

それが、食後16時間するとオートファジーが動き出し、きれいに掃除を始めるのです。

 

  • お肌や髪・・・古い細胞を取って新しい細胞を作り、肌や髪がきれいになっていきます。(美肌作用・美髪作用
  • 血液・・・古いゴミが掃除され、血液サラサラになります。
  • 脳・・・溜まったゴミが掃除され、頭の回転も良くなってきます。

血行も良くなり、体の隅々まで栄養が行きわたるようになり、免疫力も上がります。

人間が本来持っている自己治癒力も高まります。

 

そうです、ファスティングによる空腹こそが最強のクスリであり、若返りに向いているということです。

食後25時間

食後13時間から始まった成長ホルモン、食後16時間から始まったオートファジーは食後25時間くらいまで最も効果的に働きます。

食後3日くらいまで

その後もどんどん成長ホルモン・オートファジーは効率的に作用し続け、脂肪も燃焼していきます。

食後3日くらいまで効率的に作用していたオートファジーも、それ以降は効果は落ち着いてしまうようです。

 

食後25時間くらいまで最も効果的にオートファジーが働くということは、1日ファスティングが効果的ということ、

さらに効果を求めるのなら食後3日くらいまでファスティングを続けるのが良いということがわかりました。

さらに長期のファスティングも良いとは思いますが、効果を求めてのファスティングなら、3日間ファスティングをした後に少し期間をあけて、また3日間ファスティングをするのが良いと思います。

私は先日友人と3日ファスティングを体験しました。

やはり、効果は体中で感じることができました。

3日と言う選択も最適だったのですね。

あれ?私、知らずのうちにオートファジー発動させていた!

食後16時間でオートファジーが始まり、身体の中の掃除を始めるという話。

私はだいたいいつも夕食が19時頃、そして朝食はいつもトマトジュース・甘酒・お茶類で済ませ、お昼は12時頃。

19時から翌12時まで固形物を摂っていません。

その間17時間。

 

知らず知らずのうちにオートファジーを発動させて、身体の中のお掃除をさせていたのです。

私は自他ともに認める健康体。

それが理由だったのかもしれません・・・。

 

以上、オートファジーによるファスティングの効果について説明しましたが、ファスティングには他にもたくさんの素晴らしい効果があります。

そのほかにも、ファスティングの効果あるある

ファスティングは、オートファジーによる若返り効果以外にも、多くの効果があります。

  • 食生活の改善
  • 腸内環境の改善
  • 全身の臓器の機能改善
  • 心身の若返り
  • ダイエット

簡単にご説明しますね。

食生活の改善

味覚がとても敏感になり、薄味で食のおいしさを感じられるようになります。

そして、健康的な食事が美味しいと思えるようになります。

腸内環境の改善

腸の宿便が取れ、また腸内環境が善玉菌優位になります。

全身の臓器の機能改善

全身の臓器を休められることで、臓器の機能が改善されます。

また、細胞内の毒素がぬけることで全身のむくみを取れます。

心身の若返り

全身の細胞の新陳代謝が向上し、頭も体も軽く軽快になります。

メンタルにとっても良いです。

ダイエット

食べる量が減るので、ダイエットに繋がります。

ファスティングは、最低限のエネルギーを取りながら行います。

全く食べないダイエットではない為イライラを感じないでダイエットできます。

私がファスティングをした目的はダイエットではなく、健康効果を体験したかったからで、むしろ体重を落としたくなかったのですが、結果マイナス2キロ。

ファスティング後、通常の食事に戻して2週間経ちますが、体重が戻らなくて(増えなくて)困っています(笑)

まとめ

ファスティングの目的は人それぞれかもしれません。

でも、結果として良いことがたくさん起こります。

アンチエイジング・デトックス・美肌・血液サラサラ・ダイエット・自己治癒力アップ・食生活の改善 などなど

ダイエットのためにファスティングをしても、究極の健康を手に入れることができます。

健康のためにファスティングしても、ダイエットが手に入ります。

そして、それらはノーベル賞で証明されているのです。

たくさんの良いことがあるファスティング、効果的に日常に取り入れて元気な毎日を送りたいですね。

【ファスティング体験談】初めての3日間ファスティング!食事内容・症状・効果・感想~みなさんこんにちは。 みなさんはファスティングを、ご存じですか? ファスティングとは、断食のことです。 チャレンジして...
ABOUT ME
atelierROSA
ロサです 年齢を重ねるにつれてシンプルに好きなことだけをしていきたい、 そんな想いが強くなっている気がします いえ、好きなことだけをしていきたいというより 好きじゃないことをしている時間がもったいない と言うほうが正解かも・・・ 好きなことと言ったら”きれいになること” 外見でなく、内面の美しさ ココロが澄んできれいでありたい 身体も健康でイキイキとした毎日を送りたい 美味しいもの食べてニコニコしていたい 美味しいお酒も大好き ボディラインもすっきりと かわいいワンコとじゃれあいたい そんな私の日常で意識していることを発信しながら さらに自分自身を高めていきたい そんな想いでこのブログを書いています どうぞよろしくお願いいたします